0033worldnavi
ホーム > テナント募集賃貸物件の探し方

テナント募集賃貸物件の探し方。オフィスやショップ(店舗)のための貸しビルの探し方。仲介不動産屋の賃貸募集情報などから立地や賃料相場を考慮して決めよう。

よりよい空きビルを見つけよう

テナント募集賃貸物件

新しくショップを開いたり、オフィスを移転したりする。そんなときは、不動産屋やインターネットの不動産賃貸情報サービスなどで、借主募集情報を探すことになります。

テナント料の相場というものは家賃よりずっと高いわけですから、借りる場合は複数の空きビルをじっくり比較する必要がありますよね。このサイトでは、その際に抑えておきたいポイントなどについて説明しています。

テナント物件を探す前に

これから店舗や事務所を開こうというときは、まずテナント物件を探すことからはじめます。

一般的にテナント物件を探すときには、不動産会社を通して探すことになりますが、その前にしておかなければならないことがあります。それは自分がどういう物件を探しているのかをまとめることです。

何をやりたいのか、そのためには何が必要なのかというビジョンはあると思いますが、それがどの部分まで明確になっているのかはとても重要なことです。どういう業種なのか、どういう場所が良いのか、賃料はどこまでなら大丈夫なのか、広さはどれくらい欲しいのか、これらの条件があいまいなままでは、なかなか良い物件を探し当てることはできません。

全てにおいて理想的な物件というのは、まず見つかるものではありません。どの部分をどこまでなら妥協できるのかもふくめて、事前にしっかりまとめておくようにしましょう。

テナント物件の情報はこれだけではありません。駐車場が必要なのかどうか、居抜き店舗を希望するのかというその他の条件についても考える必要があります。探しているうちに良いものが見つかるだろうという考えでは、新しい情報が出るたびに迷ってしまい、物件探しが難航するという例も少なくありません。

あまりにも単純なことに思えるかもしれませんが、テナント物件の探し方において、自分が欲しい物件の情報を明確化させるのは一番重要なことです。これができているかどうかで、テナント物件探しの効率が大きく変わることを覚えておいてください。

テナント物件を探す方法

テナント物件を探すときには、基本的に不動産屋の情報を見て選びます。自分が希望する地域の不動産屋に連絡をすれば、必要な情報をすぐに教えてくれますが、まずはインターネットを利用することも覚えてきましょう。

不動産屋のホームページを見ると、ホームページ上から物件を探せるようになっています。これなら不動産屋に直接問い合わせても変わらないと思う人もいるでしょうが、すぐに情報を確認できて、その情報を手元に置いておけるというメリットがあるのです。しかも自分が希望する条件に合わせて絞り込むこともできるので、担当者と会話をしてやり取りするよりもスピーディに探すことができます。

候補になる物件の住所がわかれば、具体的にどこにあるのかも地図サービスを活用して確認することができます。まず最初にインターネットを活用して、気になるテナント物件をいくつかピックアップしておくと探しやすくなるのです。

もちろんインターネット上だけですべてのやり取りができるわけではありません。その後不動産屋の担当の人と直接会って確認しなければいけないこともあります。しかし事前にある程度情報が絞り込めているのなら、そこからの話し合いもスムーズに進めることができるようになります。

不動産屋と直接話し合うことによって新しくテナント物件候補が見つかることもありますが、それも事前に自分がどういう物件を探しているのかという傾向が相手に伝わっていればスムーズになります。

事前に情報を確認しておくようにするだけで、これだけ良いことがあるのですから、テナント物件を探すときにはできるだけ効率良く探せるようにしましょう。

不動産屋の選び方

テナント物件を探すときには、まず良い物件があるかどうかという所からはじまります。しかし物件情報以外にも気をつけなければいけないものがあるので、覚えておいてください。それはその物件をあつかう不動産屋が良い所なのか悪い所なのかということです。

世の中の不動産屋のすべてが優良企業というわけではありません。残念なことですが、中には悪質な不動産屋もあります。悪質とまではいかなくても、あまりサービスが良くない不動産屋もあります。最終的には物件の善し悪しがすべてと考えている人もいるかもしれませんが、今後のことも考えればできるだけ良い不動産屋を見つけておいた方が良いことが沢山あります。

大手の不動産屋は取り扱っている物件情報が豊富にあり、選択肢が多いというメリットがあります。反対に中小の不動産屋だと地域に密着していることもあり、その物件がどういう物件なのか詳しい情報を教えてもらえることや、掘り出しものの物件を知っているということがあります。

テナント物件を探すときにどちらが良いと感じるかは人それぞれですが、自分がどういう情報を求めているのかで不動産屋を決めるという選択もあります。できるだけ多くの物件情報の中から選びたいなら前者を、人通りや周囲の利便性等もふくめて知りたいなら後者という選び方があります。

ある程度自分で調べられるならそこまで考えこむ必要もないかもしれませんが、不動産屋選びもテナント物件の探し方の中では重要だということを覚えておいてください。

候補をピックアップ

テナント物件を探すときには、たくさんの候補を用意するようにしてください。最初からここだと思える物件が見つかるかもしれませんが、さらに探し続けていくうちに、それ以上の優良物件が見つかることもあります。

急いで探しているからあまり手間をかけたくないという人もいるかもしれませんが、急がば回れという言葉もあるくらいです。いきなり最初の物件に決めようとはせずに、いくつかのテナント物件候補をピックアップして、それからしっかり比較していくようにしましょう。

不動産屋に相談する前から、ここの物件が良いと決めているのならそれでも良いかもしれませんが、さらにそこから似たような物件を探してみるのも良いでしょう。いざ契約してから、もっと良い条件の物件が見つかったということがあったら悔やんでも悔やみきれません。

単純に立地条件がよいからという理由でその物件にしようと思っていても、内側から見てみたら満足できるものではないということもあります。面倒に思えるかもしれませんが、テナント物件を探すときはどこまで自分が納得できるのかも考えるようにしてください。

これがちょっとした買いものなら、ここまで気にする必要はないかもしれません。しかしテナント物件選びは、これからの事業がどうなるかを左右するものなので、安易に決めてはいけないということです。

ちょっと見方を変えることによって、それまであまり良くないと思っていた物件が掘り出しものに見えてくることもあります。はやる気持ちをおさえるのは大変ですが、落ち着いてしっかりと探すようにしましょう。

下見をしよう

テナント物件を探すときだけではなく、どんな物件を探すときにも必要なことですが、契約をする前に物件の下見はしっかりするようにしてください。データがあればどういう物件なのかはだいたい予想がつきます。しかし実際にそこで長時間過ごす場合に、どういう環境になるのかまではわからないのです。

コンセントの位置一つとってみても、今後、ものの配置をする時に大きく関わってくる要素です。延長ケーブルやたこ足配線を使えばある程度どうにかなるものですが、これらを使いすぎるのは危険です。定期的に掃除をしないと火事の恐れがある場合もありますが、どうしても大きなものの陰になってしまう場所にしかコンセントがない場合、掃除をするだけでも一苦労です。

そのテナント物件をどう使うのかは後で決めることかもしれませんが、ある程度目星をつけて考えておいた方が後々問題が起きにくくなります。

こういうこともテナント物件の下調べをしておかなければ気がつかないことです。また日の光がどう入るのかも重要な要素です。照明があれば良いと開き直るのも良いかもしれませんが、やはり日の光が入った方が明るいイメージがします。しかし逆に日の光が入りすぎてしまい、夏場は苦しい環境になる可能性もあります。

こういうことを確認するという意味でも、テナント物件を探すときには、何度か下見をするようにしましょう。時間を変えて下見することで新しく気がつくものがあるかもしれません。テナント物件を探すときには、こういうことにも気をつけるように徹底してください。

周辺環境をリサーチ

テナント物件を探すときに忘れてはいけないのが、周辺環境がどうなっているかです。

その物件自体がどういうものなのか確認するのは誰でもしますが、周辺環境の確認は意外と忘れている人が多いのです。下見をした時になかなか良さそうだと思えるような物件でも、時間帯が変わると環境ががらりと変わってしまうことは良くあります。

騒音がするということからはじまり、人通りはどうなのか、交通の便は良いのかということも考えなければいけません。どういう目的でテナントを探しているのかにもよりますが、物件の中身自体は良くても周辺環境が良くなければ、事業に行き詰ってしまうこともあるのです。

何かお店をはじめようと思っても、人通りが少ないような場所なら、よほど人をひきつけるものがなければ成功するのはむずかしいでしょう。

この他にも客が周囲にとられやすいような環境なのかどうかも重要な問題です。いくら自分が自信満々でも、周囲に客を取られてしまうということはよくあります。それが原因で失敗と言うことになっては、目も当てられません。

そこまで考えるのは気が早いのではと思うかもしれませんが、そのテナント物件を手に入れてから変更できるようなものではないので、慎重すぎると思っても無駄なことではないのです。

テナント物件探しは、みなさんが考えているよりも慎重にならなければいけないものです。さまざまな種類の情報を集めて、これなら安心できるという状態になってから契約するようにしましょう。

何でも相談しよう

テナント物件を探すときには、少しでも気になることがあればなんでも相談するようにしてください。物件情報に記載されていることが、その物件のすべてとは限らないからです。

一般の物件と違ってテナント物件ともなるとある程度は考慮されていることですが、周囲に騒音は漏れないのか、その反対に騒音がすることはないのかは、実際に利用してみなければわかりません。住居用物件ではないのだからそれくらいは大丈夫だろうと思っていても、もしかしたらということがあるのです。

こういう業務形態で利用したいが、そのときに注意しなければいけないことはないのか、こういう相談を前もってしておけば、いざというときにすぐ対処できるようになるので覚えておきましょう。

特に家賃についてはしっかりと質問しておかなければ、後で面倒なことになる可能性もあります。一般的なマンションやアパートとは異なり、テナント物件の場合は営業賃料として考える必要があります。

営業賃料には、実質家賃、保証金、権利金、礼金、共益費、管理費、契約更新料、借入金利といったものが入ります。これらのことを除いて実質家賃のみで計算していたら、いざ営業開始してみたら思いもよらぬ金額が発生することになりかねません。

テナント物件を一般的な物件探しと同じ考えで探してはいけません。色々な点に注意して、気になることは何でも相談するようにしてください。それによって思わぬ掘り出しものが見つかることもあるからです。

タイミングが重要

テナント物件を探すときは何よりもタイミングが重要です。少し待てば今探している物件よりも良いものが見つかるかもしれませんし、反対に待っていたら先に契約されてしまうこともあるからです。

ここは良い物件だからと思っても、そのまま勢いで契約してしまっては後で後悔することがあります。しかしだからといって時間をかけすぎても良いことはないのです。じっくり考えたいという気持ちはわかりますが、判断を下すなら早いうちに決めるようにしましょう。

これは何もテナント物件探しだけにあてはまるものではありません。チャンスはいつめぐってくるのかわからないものであり、気づいた時には逃してしまうものでもあるのです。心配性な人は即決しても良いのかと迷ってしまうかもしれませんが、時にはそういう必要があることを覚えておいてください。

その判断が正しいものになるのか、それとも間違ったものになるのかは、実際に契約して営業してみなければわかりません。しかしその失敗の可能性を少しでも減らすことはできます。

いつまでも迷っていないで必要な情報をすぐに集めて、そのテナント物件で本当に良いのか、現在それ以上の物件はないのかをすぐに判断できるようにしましょう。自分に集められる範囲で情報を集め、その中で最低限必要な条件を満たす物件がなければ、もう少し待つか別の地域の物件を候補に入れれば良いのです。

何事も迅速に行動し、必要な情報を集めることができれば、失敗する可能性はいっきに少なくなります。これからテナント物件を探そうと思っている人は、このことを忘れないようにしましょう。あなたが良いと思ったテナント物件は、他の誰かも良いと思って狙っているかもしれないのです。

募集広告をチェックしてみよう

テナント物件を探すときには、募集広告をチェックすることも忘れないようにしましょう。普段は見落としているかもしれない所に、思わぬ物件情報が隠れていることがあるからです。

自分から不動産屋をめぐって情報を探すことも重要ですが、時にはこういうルートから優良物件が見つかることもあるのであなどってはいけません。情報を集めるときには、あらゆるルートから集めるつもりで探すようにしましょう。

ある程度地域に目星がついているなら、自分でその周辺を歩き回ることによって、良い場所が見つかることもあります。これは同時にその物件の下見にもなるので、役立つ情報が集まりやすいというメリットもあります。

ビル等の建物の場合、ホームページを公開していることがあります。そこでテナント物件募集の情報が見つかることもあります。大きな所になると実際に空いているのかどうかはわかりませんが、これによってテナント物件の情報を集めることができるようになります。

テナント物件の情報を集める手段は、何も一つだけというわけではありません。普段気にもとめていない部分に、思わぬ情報があるかもしれません。物件探しで一番重要なのは、なんといっても情報収集です。ありとあらゆるルートから探すというくらいの意気込みで探せば、理想とするテナント物件が見つかる可能性も高くなります。

ちょっと考え方を変えるだけでも、さまざまなものが見えてくるようになります。これからテナント物件を探そうと思っている人、現在探している最中だという人はこのことを覚えておいてください。

契約時の注意点

ここが良いというテナント物件を見つけて、あとはこのまま契約するだけという時、いくつか注意しなければならない点があるので覚えておきましょう。

テナント物件は契約すればそれで良いというものではなく、そこから事業をおこなうにあたってどういうものが必要なのかしっかりチェックする必要があります。以前に契約していた所では大丈夫でも、自分たちが使うときには問題になるかもしれないものがあるからです。

電気容量のチェックは必ずやらなければいけません。その事業によってどういうものを使用するのかはわかりませんが、いざ事業を開始したら電気が足りないということになっては大変です。店舗部分で電気容量が不足するなら、それなりに対策を講じなければいけません。時には自家発電の交換や、電柱から直接引き込むことも考えておきましょう。

この他にも給水・排水・排気経路や、空調機のチェックも欠かすことはできません。直接こういう部分を使う必要がない店舗なら省いても問題ありませんが、必要な場合は忘れずにチェックするようにしましょう。

また看板掲載範囲はどれくらいなのかも忘れてはいけません。これはいわゆるそのお店の顔になる部分なのですから、どれくらいまで可能なのかしっかり調べておくようにしましょう。

こういう部分は契約するまであまり気にしないという人が多いようですが、後から変更しようとするととても手間がかかってしまいますし、場合によってはできないという場合があります。テナント物件の契約をする前には、これらの部分も慎重にチェックするようにしてください。

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県