0033worldnavi
ホーム > モデルルーム・モデルハウス見学

モデルルーム・モデルハウス見学のポイント。一戸建て(一軒家)の分譲住宅・注文住宅、新築分譲マンションを購入するなら、住宅展示場のイベントやキャンペーンを見学しよう。

はじめに

モデルルーム・モデルハウス見学

これから住まいを購入しようという方におすすめなのが、新築を販売するハウスメーカー各社が公開している展示場を見に行くことです。

和室でも洋室でも、照明や家具などを備えた部屋を見ると、購入した後のその家での生活を想像しやすいですよね。

写真画像を見てデザインが気にいる案内があったら、積極的に展示場まで足を運んで、イベント・キャンペーン・無料宿泊体験などに参加してから購入を検討してみましょう。

住宅のタイプ

一戸建て(一軒家)

モデルルームの見学時に注意しなくてはいけないことは何でしょうか。まず第1にご自身の性格を客観的に見つめてみてください。冷静沈着ですか?そうなのであればそれほど心配はありません。普段から衝動買いをしてしまう人や、まわりの雰囲気にのせられて舞い上がってしまう人は要注意です。自分の長所と特に欠点はしっかりと頭に入れてモデルハウス見学に出かけましょう。

事前にチェックポイントを決めてリストアップしておきましょう。一戸建ての場合モデルハウスを見に行くのはハウジングセンターのような場所、もしくは不動産屋の準備したモデルハウスを見学しに行くことになります。ですから実際に建築する土地とは条件が違っているということは忘れないでください。

その上で、家全体としては、「住宅の構造はどうなっているのか(耐震性・主要部に使われている部材など)」「基礎の工法」「断熱の方法」、シックハウスが気になる人は「内装材の素材、塗装剤は天然素材か低刺激性のものを使っているのか」、建築予定地の騒音が気になるときは「防音対策(オプションで二重サッシにできるのかなど)」をまず確認します。

それから「住宅を建てる向きは自由になるか」「採光はどうか」「外部から部屋の中はどう見えるか」「階段の角度や明るさ」「風通し・通気」などのチェック。間取りは、リビング・ダイニングキッチンの「広さ」「明るさ・採光と照明」「開放感」「使い勝手・収納/設備」「人の動線(LDK室内から浴室、トイレ、階段、玄関などをどう人が移動するのか)はどうか」を。

水まわりは洗面所、浴室、トイレの「広さ」「通気」「明るさ」「使い勝手・清掃のしやすさ/収納」などをチェックします。その上で綺麗に整った壁紙や扉、窓枠などの装飾を楽しみましょう。

もうひとつ大事なのは外回りです。モデルハウスの庭や玄関先の敷石、塀など外構工事は家の代金に含まれていない場合がほとんどです。外構の予算もきちんと確認しておきましょう。

分譲マンション

分譲マンションのモデルルームを見に行く前にご自分の性格をきちんとチェックしておきましょう。衝動買いが好きな人やまわりの雰囲気に乗せられやすい人は要注意です。一度で決めるのではなく、同じ物件でも何度か足を運んで選ぶことが大事です。

モデルルームは実際にマンションが建てられている現地にあるのではなく、別の場所に販売センターを設けてそこに仮設モデルルームを作っている場合は、まず建築される現地に行ってみてください。通勤に要する時間、学校や病院、買い物施設、公園や広場、周辺の交通事情、近隣の建物など、大事な住環境の情報は駅前のモデルルームで手に入れることはできません。

モデルルームはそのマンションで購入できるもっとも魅力的な間取りとオプション設備を完備して作られている場合がほとんどです。まずは、ご自身の予算に合わせた間取りプランを決めておきましょう。それをしっかりと頭に入れて見学しないと購入してから「思った物と違う」ということになりかねません。

モデルルームに使用されている、キッチン、バスルーム、給湯、暖房、ビルトイン収納、壁紙や扉、ドアなど内装といった設備は標準なのかオプションなのかをひとつひとつきちんとチェックしましょう。

シックハウスが気になる人は構造材や内装材に使用されている塗料や接着剤、部材が何でできているのかもチェックポイントです。もしシックハウスの症状が出たときの保障もきちんと相談しておきましょう。

分譲マンションで忘れていけないのは管理費、修繕積立金などの費用がローンとは別に必要なことです。これらの合計がいくらかかるのかきちんと調べておきましょう。月々のローン金額を決定するとき、これら金額を予算に組み込んでおくようにしなくてはいけません。

部屋別の見るポイント

リビングを見るポイント

モデルルームに入ってまずチェックしたいのは玄関のロックです。オートロックタイプのマンションでも、居住者用の自転車置き場や駐車場の出入り口、ゴミ集積場へのドアなどから外部の人間が自宅の玄関先まで入り込むのはそう難しいことではないです。最新型のロックが使われているか、二重ロックなのかなどをチェックしておきましょう。

玄関からリビングにかけては廊下の壁の下地の位置を確認しておきます。これは家族が年齢を重ねて室内の各所に手すりが必要になったとき、下地に取り付けることも考えられるためです。浴室や洗面所、脱衣所も同様です。モデルルームのリビングにはセンスのいいインテリアで飾られています。周囲の雰囲気に乗せられやすい人は、これがそっくり自分の物になるかのように錯覚してしまいがちです。夢を見るのは素敵なことですが、今はしっかりと現実を見つめましょう。

間取りも実際に購入するプランとは違っていることもあります。自分の購入するプランの間取りをしっかりと思い浮かべながら(少しでも気になることは担当者に臆せず質問しましょう)、人の動線がどうなっているのかチェックします(リビングからトイレに行くのにキッチンの真ん中を通らなくていけないような間取りでは困ります)。

収納スペースは充分ですか?ご自身で持ち込む家具の配置を確認しましょう。部屋の明るさはどうですか?できれば昼間と夜間の2回訪れて照明の明るさを確認したいところです。角部屋には自分で外側から拭くことのできない窓がある場合があります。窓ガラスの清掃がどうなっているのかも確認しておきましょう。

大体ひとまわりしたら、もうひとまわり。今度は厳しい目でチェックすることを忘れないでください。

ダイニングを見るポイント

モデルルームを見学に行ったとき、リビングではその広さやくつろぎ心地、テレビやオーディオの配置を気にする人、キッチンでは、その形、収納や作業時の動線を気にする人はたくさんいます。

しかし「ダイニング」となると、今はLDKがひとつの空間になっているタイプが多いせいか「リビングの一画」というとらえ方をして、そこが食事をとる大事な場所だと言うことを忘れがちなようです。ダイニングは家族が集まって、人が生きていく上で欠かせない「食事」をとる大切な場所です。朝一番、家族が顔を合わせるのはダイニングです。朝から暗いダイニングでは気持ちよく1日のスタートを切ることができません。ダイニングの採光は?照明は明るいですか?ダイニングの照明は食事を美味しく感じられるようになっていますか?

各自の寝室からダイニングへの動線はどうでしょうか。トイレ、洗面所に行く動線と重なっていないかチェックしましょう。キッチンからダイニングのアクセスはどうですか。人が席に着いていても配膳に問題がないか確認します。

来客の多い家なら予備のテーブルや椅子を出すスペースも考慮しましょう。

食事しながらテレビを見るのはよろしくない、とはいいながら、朝はニュースを流しておきたいですし、夕食をとりながらホームビデオを見たりしたいものです。ダイニングからテレビを見るのに不都合はないですか?またはダイニングにテレビを置くスペースはあるでしょうか。

ダイニングのチェックポイントで一番大事なのは、ご自身の家族のライフスタイルを考えることです。

キッチンを見るポイント

モデルルームでキッチンを見るときのチェックポイントは、まず冷蔵庫をどこに置くか、です。意外なことにモデルルームのキッチンには冷蔵庫を置いていないことが多いのです。おそらく生活臭さを極力出したくないためだと思いますが…そのために見学者はキッチンがアイランド式だとかカウンター形式だ、ガスだIHだ、食器洗いがビルトインだなどということに目がいってしまい冷蔵庫のことを忘れがちなります。

キッチンで一番重要なことはその広さよりも動線です。調理中から片づけまでスムーズに動くことができるかどうかが重要です。キッチンに立つのはひとりなのか、夫婦で調理することが多いのか、子どもと一緒にクッキングする夢を持っている方もいるでしょう。

それらの要になってくるのが実は冷蔵庫の位置なのです。収納もたっぷりあって、シンクも広く一見使いやすそうなキッチンでも、冷蔵庫をどこに置くのか考えてみてください。もしすでに持っているならそれが右開きなのか左開きなのかも想定してみてください。

頭の中で冷蔵庫を置いてみると使いやすいと思っていたキッチンの動線がメチャメチャになってしまうことがあるのです。

コンセントの位置も重要です。冷蔵庫用のコンセントがとんでもない場所についていたりしませんか。電子レンジとオーブンをつないだらもう空きがないというようなことでは困ります。最初からタコ足配線を考えるべきではありません。

また、シンクのまわりでもハンドミキサーやキッチンカッターなどの家電を利用する機会が多いはず。使いやすく、かつ水に濡れない場所に必要な数のコンセントがあるかしっかりチェックしましょう。

コラム

インテリアや展示品はどこへ?

モデルルームには来場者がうっとりとするような(うっとりとしてもらうために)、ハイセンスな家具やインテリアが展示してあります。モデルルームのインテリアのチョイスとレイアウトは、プロフェッショナルのインテリアコーディネーターがたっぷりとお金をかけて(最近は1000万円を越える費用をインテリア展示にあてている物件もあります)行っています。しかも実際にそこで暮らすわけではないので、効率よりも見た目重視なのですから素敵にみえて当たり前です。

実際に物件を購入するときには、それらの家具やインテリアなどの展示品はついてきません。物件のチェック時にはそれらに惑わされない目を持つことが重要です。とはいうものの、モデルルームと近い環境にこれから住むことを考えると、少しでも「夢のモデルルーム」に近づけたくなるのが人情という物。

実はこのハイセンスなインテリアも展示が終わると用済みになってしまうことが多いのです。価格の高い物件ほどインテリアなどの展示品を使い回すことはありません。また、モデルルームが設営されているのは、借地であったりマンション建設の敷地内ですからコスト削減のために一刻も早く撤収しなくていけません。展示品の処分も急ぐ必要があります。

時には物件の購入者に廉価もしくは抽選で無料で譲るという話もあるようですが、大抵はそういった展示品(新古品)を専門に販売する業者が買い取って再販しています。

業者はブランド物高級家具などのインテリアだけではなく、システムキッチンや洗面台、バスといった設備も引き取りの対象にしています。モデルルームではこれらの設備に標準タイプよりも何ランクも上のオプションタイプを使用しているため購入希望者が多いのでしょう。

物件を購入し「インテリアまで予算が回らない」という方は、新古品を扱っている業者のウェブサイトや展示場を回ってみるのもいいのではないでしょうか。

モデルルームを写真画像で比較

分譲マンションの購入を検討している方なら、少しでも多くのモデルルームを見学したい、そう思っていることでしょう。特定の駅の近辺以外は希望しない、といったように購入希望の場所がほぼ限定されている場合は直接足を運んで検討すればよいのですが、予算先行で、地域をあまり限定せず通勤通学時間や、住環境重視で物件を探している場合はかなり多くの物件が検討対象としてリストアップされることになると思います。

時間が許すのであれば、自分の足で全ての物件にあたるに越したことはありません。しかし物件ひとつを実際に見学して、担当者と話したり、周辺の住環境を確かめたりすれば1日に1〜3件、回れて4件くらいが限界なのではないでしょうか。休日を利用して長い期間をかけて検討し、これ、と決めたときにはすでに売約済み、といったことにもなりかねません。

やはり実地見学前に候補を絞っておくことが大切です。ネット上には業者がモデルルームの室内写真を数多く公開しています。これらの写真画像を参考にして物件を絞り込んでいくといいでしょう。

写真だけを見ていると、どの物件も高級家具を使ってインテリアコーディネートされ、キッチンや洗面所、バスルームも標準タイプではなく最高ランクのオプションタイプを使っている場合が多いですし、カメラマンは部屋が広く快適に写るようレンズと照明を工夫していますから迷ってしまうかもしれません。

写真と一緒に物件の間取り図も公開されています。自分が希望するタイプの間取り図を手元に置いて(できればプリントアウトして)、「この場所はここ、この写真はここからこっちを撮っている」と確認しながら検討するようにしましょう。

3Dソフトに詳しくなくても、間取り図と写真からバーチャル・モデルルームを作ることのできるパソコンソフトも販売されていますから、そういったものを活用してみるのも楽しいのではないでしょうか。

「試住居」モデルハウスの宿泊体験

車を購入する前に実車に乗り試運転をして乗り心地を確かめた、そういった体験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。家を買う前に実際に寝泊まりしてみてその住み心地を確かめてから物件を購入した、という経験をしたことのある方はまだそう多くはいらっしゃらないと思います。

宿泊体験ができるモデルハウスを準備している業者が少しずつですが増えてきています。自社で建てたモデルハウスに単に一晩泊まってもらうという素泊まりタイプと実際に1泊2日で「住んでもらう」タイプの物があります。「住んでもらう」タイプの宿泊体験の利点は実際に家の設備を使ってみないとわからない長所と短所を実感できることです。

「住む」のですから食事の支度も自分たちで行います。キッチンの動線、使い勝手やオール電化とはどういったものなのかなどは実際に調理してみないとわかりません。当然、おトイレも使いますし、もちろんお風呂にはいることもできます。自分たちの家族に充分な広さなのか、広すぎないか、階段の角度はどうか、手すりはこどもたちに高すぎないかなどなど実地に確認できるのです。

昼夜とおして家族で過ごすことで様々なことがみえてくるはずです。それをこれから建てる(または購入する)家づくり、家選びにそのままフィードバックすることができます。

まだまだエリアも利用できる施設も限られていますが、家の購入は一生で一番大きな買い物。機会に恵まれるなら是非「試住居」を体験してみてください。

イベントやキャンペーン情報

モデルルームやモデルハウスのあるハウジングセンターの見学はひとつのレジャーだといえるでしょう。新しい家を買うんだ、選ぶんだというわくわく感と家族で出かける楽しさが相まって、こどもたちも楽しみにしていることだと思います。

そのイベントをさらに盛り上げてくれるのが、各業者(ハウジングセンターでは業者が提携して)準備しているイベントやキャンペーンです。

住宅展示会場で週末に行われるイベントは、出かけていくだけで得をするプレゼントや、家族連れに人気の屋台の出店、大道芸人がパフォーマンスを披露したり、ヒーローのアクションショーを開催したりと各会場とも目玉商品を並べてしのぎを削っています。

さらに、インターネットで事前に来場予約を入れてから実際に会場に来てくれた人に商品券などのプレゼント特典を用意している業者も多いようです。新聞折り込みチラシだけではなく、ネット限定で来場者プレゼントのクーポン券を配布していることもありますから、モデルルームやモデルハウスにお出かけの時は、業者やハウジングセンターのウェッブページを確認することをお忘れなく。

また、住宅展示場やハウジングセンターの展示期間の終了間際になると、展示会場で使用していた家具やインテリアの即売会が行われることもあります。会場に展示されていた建物自体を解体移築費用込みで非常にお得な価格で手に入れるチャンスに恵まれることあります(建築条件の合う土地を持っている場合は有効です)。物件購入を検討している方は展示会場からの情報発信には敏感でいるようにしましょう。きっとお得な情報がいっぱいです。

格安値引き販売の抽選

モデルハウスに使われていた建物を抽選に当選した人に移築費用込みで格安販売することがあります。その際に注意しなくてはいけないのは、第1にその建物を受け入れるだけの土地を準備できるかどうかです。

モデルハウスに使われている建物は、生活をすることよりも見栄えがよいことを優先して作られています。そのためエントランスや各部屋が必要以上にゆったりと作ってあり、当然建物面積も広くなっています。移築する土地の条件に合っていなければ改築が必要です。移築費用はあくまでもそのまま問題なく移築できることを想定しているだけですから、結局は新しく建てるより費用がかかってしまう場合もあるのです。

大手メーカーが行っている限定1棟を抽選に当選した方のみ格安で建てます、という様な場合でも、抽選に参加する条件として、土地を持っていることが必要になってきます。また、本体価格は格安でも、実際にはその他に外構などの諸費用が数百万円単位でかかってくることも忘れてはいけません。

一戸建てでもマンションでも少しでも安く買いたい、そう思うのはもっともなのですが、しかし不動産というのは審査査定されて相場に応じた価格がついている財産なのです。格安で購入するということは自分自身で財産の価値を下げていることに他なりません。不動産は値切って買う物ではないのです。

しかし、格安物件でも最近話題の中古リノベーションマンションのように、格安の理由をはっきりと提示してくれている物件もありますし、中古一戸建ての場合は売り主の都合(できるだけ早く売りたいなど)で価格がぐっと下がる可能性があります。

格安、値引き販売、抽選という言葉に踊らされず、自分自身で情報を集めて冷静に物件を選ぶことが一番大切です。

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県