0033worldnavi
ホーム > 高卒認定予備校・塾

高卒認定予備校・塾って?文部科学省の大検に代わる試験の対策。合格率重視なら、参考書・過去問題集での独学より塾・通信教育・通信講座などの勉強法を。

はじめに

高卒認定予備校・塾

高校には行きたくないけど、やっぱり学歴はあったほうがいいし、専門学校や大学には進学したい。ここはそんな方向けのページ。

試験対策としては、参考書や過去問題集・解答で独学という勉強方法もありますが、不安な場合は塾などの対策講座・模試を利用することをおすすめします。授業料は必要ですが、合格点を取れず、不合格という結果になってしまっては、元も子もありませんからね。

通学するところもあれば、インターネットで勉強するところもあります。これらを利用して、苦手な科目でも、より確実に合格ラインを上回れるように、しっかり準備したいものです。

高卒認定とは?

高卒認定は、正式名称を「高等学校卒業程度認定試験」といいます。かつては「大検(大学入学資格検定)」と呼ばれていたのですが、平成17年度から名称が変わるとともに、制度も大きく変わりました。高卒認定試験の試験科目には、かつてあった「家庭」がなくなりました。また「英語」が必修科目となり、選択科目もなくなりました。また、全日制高校に在学している人も、高卒認定試験を受けることができます。

そもそも、高卒認定(高等学校卒業程度認定試験)は、高校を卒業できなかった人に対し、その学習成果を適切に評価し、高校を卒業した人と同等以上の学力があるかどうかを認定する試験です。高卒認定試験合格者は、大学・短大・専門学校への進学したい場合、他の各種試験、就職に関しても「高校卒業者」と同じ扱いを受けられることになります。

高卒認定は、競争試験ではなく、一定の合格ラインをクリアした人が合格できます。出題内容はあまり高度なものではなく、基礎的な問題が多いです。また、多肢選択式により、マークシートに解答をする試験なので、高度な解答テクニックを要する、というわけではありません。

また、一度に全科目を合格する必要はなく、科目ごとに合格をすることができます。そのため、自分のペースで学習を進めることができます。

以前の「大検」は、その名前の通り「大学進学を考える人のためのもの」という認識が強かったのですが、高卒認定は「各種試験、就職に関しても「高校卒業者」と同じ扱いを受けられる」というメリットが押し出されていますので、進学を考えていない人も、自分の自信をつけるために受験することに、メリットはあります。

高卒認定を取得するメリットは?

高卒認定を取得することのメリットは「人生の選択の幅が広がる」ということです。大学、短大、専門学校などに進学したい場合には「高校卒業者」と同じ扱いが受けられる高卒認定を取得する意味は、大いにあります。高校を卒業できなかった人にとって、全日制の高校に復学したり、再度入学したりすることは、難しい場合もあります。高卒認定制度があることで、「進学の夢を諦めない道が開ける」ことになります。

また、高校中退者が増えている理由の中に「高校で学ぶ内容が、社会に出て役立つとは思えなかった」「高校を卒業しても、フリーターになると思っていたので、中退してフリーターとなることとの違いがわからなかった」といった理由を挙げる人がいます。ただ、非常に厳しい現実として、アルバイト情報誌をめくってみても「高卒程度の人を希望します」という人材募集が多いのです。高校中退のままですと、最終学歴は「中卒」ということになりますので、人材募集に応募できない場合も多いのです。

社会に出てから「もっと勉強しておけばよかった」と思う人、「もっと勉強したかった」と思う人も増えているのです。高卒認定は、そのような人の希望をかなえる、一つの道です。

もしも今、高校を卒業できなかったことに、自信をなくしているのならば、5年後、10年後のことを考えてみてください。全日制高校を卒業して、高校卒業者となった人には、それなりに楽しいこと、苦しいことがあったかもしれません。しかし、高校を中退、あるいは中卒での就職などをしながら、高卒認定を取得したならば、経験の幅がそれだけ広くなります。5年後、10年後、幸せな人生を築くことができるように、勉強することを始めてみましょう。

以上でOKです。

高卒認定予備校とは?

高卒認定予備校とは、高卒認定を取得するための学習をサポートする予備校です。あくまでも「試験合格のための勉強をする施設」なので、高卒認定予備校に数年間、在籍したというだけでは、高卒者とはなりません。逆に、高卒認定試験を受験する人が、全員、高卒認定予備校に通わなければならない、というわけではありませんが、通ったほうが、効率よく学習を進められます。

高卒認定を取得して、大学などへ進学したい場合には、そのための勉強も必要となります。高卒認定予備校には「高卒認定」をゴールと考えるコース、大学進学を前提に学習を進めるコースなどを設けているところがありますので、自分の夢・希望の進路にあわせた予備校を選びましょう。

高卒認定を得るためには、他にも通信制高校、定時制高校への進学をする、サポート校を利用する、といった道はあります。ただ通信制高校や定時制高校は、3年、4年、あるいはそれ以上、在籍しなければ高卒資格が得られません。3年後、4年後、同じ高校に通うことができるか、仕事上の転勤や経済的な面で、変化する可能性があるか、ということを考えてみましょう。高卒認定試験を受けるならば、途中で学習をやめなければならない場合でも、中断の後に学習を続ける道があるかもしれません。しかし、通信制や定時制の高校を「中退する」ということは、後々に大変なことになります。

このようなメリット、デメリットを考えて、高卒認定予備校を選ぶか、通信制高校や定時制高校を選ぶかを考えましょう。

通信制高校との違いは?

通信制高校は「通信制課程が置かれている高校」です。広く「高校」と呼ばれているのは「全日制課程の高校」のことですが、高校には「全日制」「定時制」「通信制」があるのです。これらは、学習の仕方の違いですので、卒業すれば「高校卒業」したことになります。

高卒認定予備校に通っても、高卒認定試験に合格しなければ高卒資格は得られませんが、通信制高校ならば在籍し、卒業をすれば高卒資格を得られます。

通信制高校の授業は「レポートの提出、スクーリング、単位認定試験」を一つのセットとして、それらの条件をクリアすることで、単位が認定されます。また卒業条件としては「通算3年以上の在籍」「科目の修得単位が74単位以上」「特別活動に30時間以上参加」などがあげられます。「特別活動」とは、入学式、始業式、ホームルームなどを指す学校が多いです。

通信制高校は、生徒の通学回数が少なく、自由な時間を持てるので、芸能人やスポーツ選手として忙しい日々を送っている人には、とても向いている高校です。また、通信制高校に在学しながら、大卒認定試験に合格した科目がある場合には、通信制高校の科目単位として加算することができる、という高校もあります。

ただ、通信制高校にもデメリットはあります。まずは「勉強を続ける」という意志を強く持たなければならないことが、第一の関門だといわれます。通学回数が少ないために、必要なスクーリングにさえ行かなくなって、最終的には単位が取得できないというケースもあります。

これらのデメリットをカバーするための「通信制サポート校」というものもあります。

サポート校との違いは?

サポート校とは、通信制高校の生徒への学習支援などを行うところで、学校教育法に定められている「学校」とは異なります。サポート校での勉強を希望する人は、勉強に対する意欲はありながらも、過去に不登校を経験していて、学習のブランクがある人などがいます。

通信制高校のデメリットとして「学習を続けるという意志を強くもたなければ、3年間の学習が続けられない」ということがあります。サポート校を利用することで、モチベーションの維持を図ることが可能なのです。

また、不登校児、引きこもりの人などの生活空間として、フリースクールなどが知られてきましたが、フリースクールは必ずしも「学習を続けること」を目的としておらず、生活習慣の改善や、就職などを目指している施設もあります。そのため「学習」という面においては、サポート校を利用するほうが効果が高いかもしれません。一方で「進学のための勉強」以前の問題として、生活習慣が乱れている、心身の健康状態が思わしくない、といった生徒には、無理に通信制高校やサポート校に通わせても、続かない場合もあります。

高卒認定試験制度があることで、年齢が高くなってからでも、高卒資格を得るチャンスができました。焦らず、本人が生活を建て直す力を発揮できるのを待つほうがいい場合もあります。

サポート校の中には、心身の不調なども含めて、相談に応じる体制を整えているところもあります。

ただ「サポート校に在学しながら、通信制高校にも在学する」ためには、高い学費負担をしなければなりません。本人にその力がなければ、ご両親などが高い学費を負担することになるでしょう。

サポート校、通信制高校での学習を続けられることが一番いいのですが、万が一続かなかった場合でも「たとえ時間が経ってからでも、高卒認定試験を受けるという方法もある」と知っていることは、心の余裕を持てることにつながります。

コラム

予備校と独学、どちらを選ぶ?

高卒認定は独学で取得することが可能か? といえば可能です。ただ「独学しか眼中にない」状態の人には、少し考えていただきたいこともあります。

日本で大学に入学するために、一番「楽」な方法は、中学校から全日制の高校に入って、大学進学を目指すという道です。高卒認定を取得したい人は、何らかの理由でその方法が続けられなくなったのでしょう。しかし、大学を受験するならば、全日制の高校で勉強してきた受験生と、同じ土俵で戦わなければならない時がきます。

高卒認定を取得するための勉強をするには「以前は、なぜ勉強を、続けられなくなったのか?」という点を考える必要があります。高卒認定予備校には「なぜ続けられなかったか?」「その点をどう挽回するか」を、生徒と一緒に考えてくれるシステム・ノウハウを持つ予備校が多数あります。

たとえば「いじめ」が原因で不登校になった、という場合。独学で高卒認定を取得するとしても「その後、どうやって外の世界へ出て行くか」ということも、考えなければなりません。予備校の中には、勉強をすることで自信をつけ、その自信をもとに同じ予備校に通う仲間と触れあう機会を持つような、サポート体制を整えているところもあります。

また「経済的な困窮」などが理由で、高校を中退した場合。多くの人は「働きながら、高卒認定取得を目指す」ということになるでしょう。仕事が大変なときは、どうしても勉強に力を注ぐことができない、という場合もあるでしょう。そのような事情に応じた授業の受け方ができる高校認定予備校があります。

独学を考えている理由を振り返り、本当に「独学」でなければならないのか、予備校を利用して、効率よく高卒認定を取得することはできないのか、ぜひ考えてみてください。

どの予備校を選ぶ?

高卒認定予備校を選ぶには「自分に合う予備校を選ぶ」ことが一番大切です。高卒認定を取得するまで、予備校には数年は通うことになります。そのため「合う」というのは、立地条件や、受講生へのサポート体制、校舎の雰囲気など、様々なことを勘案して検討する必要があります。

高卒認定予備校を利用する上で、もっともマイナスなのは「再び勉強を止めてしまう」という事態です。不登校や高校中退の経験がある人は、自信を失っていることが多いのです。自信を失った状態から、やっと「自分なりの再スタート」として高卒認定取得を考えはじめたのに、再び止めてしまうことになると、さらに自信を失ってしまいます。また「怠惰」が原因で、不登校・中退を経験した人は、「自分が勉強を続けられるかどうか」に自信をなくしていますし、一度でも意欲が減退してしまうと、「自分はもう駄目だ」とますます投げ遣りになってしまうものです。

だからこそ「勉強を続けられる高卒認定予備校」を選ぶことが大事です。

たとえば、あまりにも遠方の高卒認定予備校を選ぶと、通学が困難になりますので、やがて勉強するのが嫌になるかもしれません。また、いじめなどが原因・きっかけで、対人恐怖症や社会不安障害になっているならば、サポート体制の手薄すぎる予備校には、通うことが困難かもしれません。

これから、数年間はお世話になる予備校を選ぶのですから、事前のカウンセリングを受けたり、オープンスクールに参加するなど、時間をかけて選びましょう。

通学と通信教育、どちらを選ぶ?

高卒認定予備校の講座は、校舎に通学する方法のほかに、通信講座を受けるという方法もあります。自分に合った方法を選ぶことが一番大事です。

何らかの理由で、高校を卒業できなかった人には「なぜ、卒業できなかったのか?」「なぜ進学しなかったのか?」を今一度、見直していただきたく思います。経済的な困窮やいじめの問題、あるいは「高校なんて必要ない」といった思いがあったことなど、様々な事情・理由があるでしょう。

高卒認定を取りたいと思ったからには、それらの理由を乗り越えたいという、何らかの理由があるはずです。たとえば「いじめなどで、登校が困難になったけれど、勉強したいという思いがあるから」「働かなければいけないので、全日制の高校に通うのは無理だけれど、勉強はしたいから」という人もいるでしょう。「高校なんて必要がないと思ったけれど、社会に出て学歴の大切さを思い知った」といった理由も、立派な理由の一つです。

通学・通信講座を利用するのは「高卒認定を取得するため」なのですから、自分に最もあった手段を選ぶことが大事です。あまりにも遠方の予備校へ、通学し続けるのは困難でしょう。また「自分は意志が弱い」と思う人は、通学講座を選んでも、継続する意志が持てず投げ出してしまうかもしれません。

「自分には、規則正しい生活をある程度、強制されながら勉強することが必要だ」と思うなら、通学講座を選ぶとよいでしょう。「心身に病気などがあって、通学の負担を軽くしたい」と思うなら、通信講座を選ぶというのも、一つの方法です。

インターネット講座のメリットは?

インターネットを通して、高卒認定予備校の授業が受けられる場合があります。インターネット講座には、遠方に住んでいたり、心身の病気・障害などで通学が難しい生徒さんも、勉強ができるというメリットがあります。また、受講の時間帯も自分の生活の都合に合わせて選べる、という場合もあります。

ただ、インターネット講座には「気軽に始められる分、気軽にやめてしまう」というデメリットも指摘されています。

高校中退をしている人、不登校を経験している人は、まず「なぜそうなったのか?」という理由を解決しなければ、インターネット講座を続けることが難しいのです。

たとえば「経済的に困窮しているので、高校へ通うことが難しくなった」という場合には、現在、仕事・アルバイトをしながらの高卒認定を取りたいと考えているでしょう。ただ、仕事・アルバイトをしながら高卒認定の勉強をするのは、体力的にも精神的にも大変です。同年代の高校生・大学生などの人は、勉強に専念して大学受験を目指している場合も多いので、大学受験をするという競争の場では、不利になることも多いでしょう。

また「いじめ」などで不登校になった場合には、インターネット講座を利用しての勉強で、一時的には「人と関わらず、安心して勉強ができる」かもしれません。しかし、高卒認定を取得した後に、自分の人生をどうするのかを考えなければ、やがては不安が巻き起こります。たとえば、講座を受講しながら、精神科での治療を受けるなど、将来へ向けての取り組みを同時に行うとよいでしょう。

不登校・中退の経験は将来不利?

やや厳しい言い方になりますが、不登校・中退の事実を「不利だ」と本人が思っている限りは、不利なままです。どこかで「このままではダメだ」と思ったときに、高卒認定の挑戦してみる。そのために高卒認定予備校を探してみる。そのような動きを始めた人にとっては、不利なことばかりでは、なくなります。

また不登校・中退の理由に、心身の健康の問題が関係している場合には、時間がかかっても治療を受けて、健康を取り戻してから、勉強のことを考えても、遅くはありません。

不登校の経験がある人、高校を中退してしまった人の多くは「このままではいけない」と思いながらも「どうしたらいいのか分からない」という思いを持っています。就職をする場合でも、全日制高校に3年間通った人のほうが、中退経験のある人よりも有利であるのは事実です。また、中学や高校で不登校の経験があると、勉強の遅れや出席日数の少なさが原因で、進学・就職などの場面で不利になる可能性があるのは事実です。

日本の教育システムは「一度、教育を受けることを中断したら、再び教育を受けたくても、戻ることができにくい」という仕組みが続いてきました。しかしながら「生まれて十数年の間に、人生の全てを決めなければならない」「人生の入り口で、少しつまずいただけで、人生の全てがダメになってしまう、という考えはおかしいのではないか」という考えの人も増えています。

高卒認定予備校、通信制高校・サポート校、フリースクールなどの存在が知られるようになったのは、こうした時代の変化を反映してのことでしょう。

不登校・中退の経験がある人は、将来「人の気持ちがわかる」「同じ悩みを抱えた人に、共感したり、アドバイスしたり、他の人にはできないことが、自分にはできるようになる」という人に、なれるものですよ。

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県