0033worldnavi
ホーム > 40代の再就職活動

40代の再就職活動 成功への道。男性も女性も、40歳以上という年齢になってから新しい仕事を見つけるのはすごく大変。採用面接に備えてしっかり準備をしましょう。

いち早い採用を目指して

40代の再就職活動

もう中高年と言われる年代。男性も女性もサラリーマンも主婦も、仕事がしたいと思って仕事を探しても、特別な資格などがなければ、うまくいきにくい状況があります。これは、多くの方が実感しているのではないでしょうか?

そんな状況を打破するためにも、履歴書や職務経歴書といった、面接での必要書類もしっかり準備して、求人情報サイト・転職支援サイト・ハローワークなど、いろいろなところで仕事を探してみましょう。

自己都合退職や解雇(リストラ)など、前職から離れる理由はさまざまでしょうが、雇用保険(失業保険)の給付が切れる前に、いい仕事を見つけたいものですね。

再就職活動の方法

自分のスキルを再確認する

それまでの経験を活かした、ベテランとしての活躍を求められる40代の再就職。一般的に、再就職で採用が厳しくなる年齢が35歳と言われているなか、40代での再就職はそのほとんどが即戦力としての採用となっています。このようなことから考えると、40代が再就職の際にもっともアピールできるのは、培ってきた経験とスキルということができそうですよね。

40代のあなたが転職を考える際には、まず今の時点であなたが持っているスキルをしっかりと再確認することから始めましょう。今までどのような仕事をこなし、知識と経験を身につけてきたのか。そして今の時点で自分がどういうポジションに位置し、どの程度のスキルを持っているのか。こうしたことを客観的に、そして多方面から分析する必要があります。こうすることで、今の自分のスキルがどの程度のものなのかを理解することができます。

自分のスキルを再確認できれば、転職するにあたって自分に足りないものも見えてくるはずです。どこのどういった部分をスキルアップすべきなのかも、かなり具体的にわかるようになるでしょう。また今の自分のスキルに見合った転職先も、より見つけやすくなります。

転職活動のスタートラインにつく前に、一度今の自分をしっかりと見つめなおすこと。案外、今まで気づいていなかった新たな一面を発見できたりするかもしれません。自分とはどういう人間なのかをしっかりとつかむことで、納得のいく転職活動をおこなうことができるはずです。

職務経歴書を活用する

再就職の活動をおこなう際に必要不可欠なもの、履歴書。現在までのあなたの学歴や職歴、人となりを先方企業にアピールするために、できるだけ記入する内容を精査したいですよね。でも、具体的に入社試験を受ける会社を絞り込むことができたら、履歴書のほかにも用意したほうがいいとされている書類があります。それが職務経歴書です。

職務経歴書と履歴書は似たようなものでは?と思ってらっしゃる方も多いかもしれませんが、実はこのふたつはまったく違うものです。履歴書にも職歴を書く必要はありますが、こちらは何年にどの会社に入り、何年に辞めたか、というような経歴だけに留まるもの。しかし職務経歴書は、過去にあなたがどのような仕事を行なってきたかを、時系列に記入していくものです。

あなたが過去、どのような会社のどういった部門で働いてきたか。また具体的な業務内容や業務成績、昇進の履歴と就いてきた役職、それまで自分が受けてきた評価などを詳細に記入します。職務経歴書は特に書式が決まっているものではありませんが、横書きの白い便箋やA4の用紙2枚程度にまとめ、丁寧に記入しましょう。

しっかりまとめて書き上げた職務経歴書は、40代のあなたの強い武器になってくれるはずです。中には職務経歴書の提出を求めない企業もあるようですが、これがあるのとないのとでは、あなたのアピール力に格段の差が出るものです。また、自分のスキルを見つめなおす良い機会にもなりますので、転職活動の準備期間にしっかりと過去の仕事を振り返り、職務経歴書を書くようにしましょう。

公的サポートを活用する

40代になると、家庭を持っているという人は生活費や子供の教育費が何かとかさむものです。こうした状況の中で転職をする際には、退職後の給与収入がない期間がとても心配になりますよね。そんなときに頼りになるのが、雇用保険が補償する失業給付金などの公的サポートです。

この失業給付金は、退職してから再就職するまでの期間、一定の条件を満たす人を対象として給付されます。給付の際に重要になるのが、あなたが以前に勤めていた会社の退職理由。会社側の都合による退職(リストラなど)の場合は、規定の手続き終了後、約1週間の待機期間を経て支給されます。しかし転職希望などの自己都合による退職の場合は、さらに3ヶ月の待機期間があるので注意しましょう。

しかし、この失業給付金は誰でも貰えるものではありません。自己都合の退職の場合は、退職日以前の2年間に雇用保険を12ヶ月以上支払っていなければなりません。さらに4週間に一度はハローワークに出向き、失業認定を受ける必要があります。また失業認定期間中に一定回数以上の求職活動実績(採用面接など)がなければ、給付してもらえない仕組みになっています。

何かと手続きが面倒かもしれませんが、給付金の受給は生活をしっかりと支えてくれる礎になります。すぐに転職ができそうだという場合でも、手続きだけはキチンとしておきましょう。退職の翌日から30日以内が期限となっていますので、お忘れなく。

転職サポート会社を活用する

長引く不況で、厳しい状態が続いているといわれている40代の再就職。このような状況の中で自分の希望や理想に叶う転職先を一人で見つけ出し、面接を受けて採用までたどり着くのはとても大変なことですよね。でもそんな大変な転職活動をサポートしてくれる会社があるということを、あなたはご存知でしょうか?

こうした転職をサポートするサービスは、そのほとんどが人材紹介会社によって運営されています。再就職に必要な情報提供はもちろんのこと、個別のカウンセリングやコンサルティングを通して、あなたに最適な再就職先の紹介もしてくれるんですよ。面接を受けることが決まれば、履歴書や職務経歴書の書きかたを指導してくれるのみならず、面接時のアドバイスまでしてもらえるところが多いようです。またこうした転職サポート会社は、一般には公開されていないような求人情報を持っているので、個人で活動しているだけでは知りえない求人情報と出会えることが多々あります。

こうした転職サポート会社への登録は無料でおこなうことができるようになっています。転職に関するすべてをサポートしてもらえるうえに、短期間で効率の良い再就職活動をおこなえる転職サポート会社の活用は、40代の再就職にとって必須と言えるかもしれません。実際に転職活動を始める前に、転職を考え始めた段階で登録しておくと、かなりスムーズに行動を起こすことができるのではないでしょうか。転職サポート会社は大きなところでも数社あるので、自分に合いそうなところを選んで登録するようにしましょう。

インターネットを活用する

今や多くの人が利用していると言われているインターネット。あなたもちょっとした調べものやお買い物などに活用されているのではないでしょうか。そんな便利なインターネットですが、じつは転職活動をおこなう際にも、とても活用できるということをご存知ですか?

ハローワークに足を運ぶか新聞やチラシの求人広告に目を通す、知り合いなどに再就職先を紹介してもらう、というのが求人を探す際の常套手段でした。しかしこれでは自分が採用の対象になっているのか、またどのような会社なのかを調べたりするのにかなりの時間がかかってしまうため、再就職先を探すのはとても大変なことでしょう。それが今や「再就職」とインターネットで検索しただけで、膨大な数の求人や再就職に必要な情報を瞬時に手に入れることができるようになっています。たとえば「40代 再就職」と検索すれば、30代に比べて数が少ないと言われている40代の求人情報だけを絞り込んで知ることができます。ほかにも面接時のマナーや服装、履歴書の書き方なども簡単に調べることができるんですよ。これは活用しない手はないですよね!

また、こうした情報収集とは別に、インターネットを介して転職をサポートするサービスを提供してくれる人材紹介会社もあります。人材紹介会社では個別のカウンセリングを通して、あなたに最適な再就職先を紹介してくれるほか、一般には公開されていない求人情報を提供してくれることもあるので、40代の再就職時にはぜひ活用したいサービスです。

このように再就職にインターネットを活用するのは、もはや常識となっています。40代で再就職を検討されている方は、インターネットを上手に使って効率の良い再就職活動を行ないましょう。

コラム

役立つ資格は?

40代の人が再就職の際に切り札として使えるものとはいったい何でしょうか。前職での経験などはもちろんですが、やはり何といっても役立つのは資格です。しかしひとくちに資格といっても、その種類は星の数ほど存在していますよね。そんな数多くある資格の中で、どういったものが再就職に有利に働くのでしょうか。

もしあなたが専門職での再就職を目指しているのであれば、その職種に沿った資格を持っていることは前提条件となります。しかし営業や事務職の場合、現代の日本企業において避けて通れないのがパソコンやコンピューターのスキル。会社によってハードやソフトの種類に違いがあったとしても、ローマ字入力や表計算ソフトの基本的な操作もおぼつかないようでは、採用対象にすらなれない可能性があります。このようなことから考えても、ある程度はパソコンやコンピューターを使いこなすことができるということを証明できるような資格を取っておくと役立つはずです。

面接の際に、いくら「パソコンは得意です!」とアピールしても、具体的にどの程度のスキルを持ち、どんなことができるのかを伝えるのは至難の技ですし、それが事実であるのかを証明することもできません。そんなとき、情報処理技術に関する国家資格のファーストステップである「ITパスポート試験」や、オフィスワークで必須となっているワープロソフト「Word」や表計算ソフト「Excel」などを含む「2007 Microsoft Office system」などの利用スキルを認定する資格試験「MCAS(マイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト)」といった資格があれば、あなたのパソコンやコンピューターのスキルをしっかりと証明することができます。

ほかにも再就職で役立つ資格はたくさんありますが、少なくともこうしたパソコンスキルをしっかりと証明できる資格だけはおさえておきたいものです。

面接時の服装は?

再就職の活動の際に最も比重が置かれるのが面接です。もちろん書類選考や採用試験も重要ではありますが、40代ともなると求められるのは即戦力としての能力。それを見極めることができる面接を、雇う側はかなり重要視するものなのです。

そんな40代の再就職にとってかなり重要な面接において、チェックされるポイントのひとつに「見た目」があります。人の印象は、最初の見た目でそのほとんどが決まると言われています。再就職の面接では、新卒のように紺色のスーツでないとダメだというわけではありません。でも、できるだけ誠実そうな印象を与える、清潔感のある服装のほうが好印象を持ってもらえることは間違いありません。

また、言葉遣いや態度、身のこなしなども、服装とあわせてチェックされているということを忘れてはいけません。40代の再就職ともなれば、こうした面接時のマナーやTPOをわきまえているのは当たり前として見られることになります。職歴や能力が同程度の甲乙つけがたい人物が二人いるが、採用できるのは一人だけという場合、やはり見た目や対応力がスマートな人が採用されるもの。再就職の面接のときには、自己アピールの力をしっかりつけることももちろん大切ですが、服装や言葉遣いといったマナーがまずチェックされているということをお忘れなく。

しかし転職先によっては、再就職の面接の際に適している服装に違いがあることも。たとえばアパレル系の会社の場合は、服装の中に個性を求められる場合もありますし、接客業の場合には清潔感が最も重視される場合もあるでしょう。

再就職活動時の服装は、想像以上に重要視されているものです。面接の際のマナーやTPOをしっかりと再確認して、相手に好印象を与える服装を心がけるようにしましょう。

同業種が無難?

40代ともなると、それまでの仕事で得た経験や積んできたキャリアは、ある程度蓄積されていくものです。仕事を離れて家庭の状況を見ても、教育費や生活費、また住宅ローンなどが重く肩にのしかかる時期でもあります。そんな中で再就職を考えているあなた。あなたは再就職先にどのようなことを求めているのでしょうか?

今よりもステップアップしたい、スキルアップしたい。よりお給料の多いところを望んでいる。このように今の状況を改善させるべく再就職を検討しているというときは、今までに培ってきた経験やスキルを活かしての再就職が前提となる場合がほとんどです。また、まったく経験のない新たな業種に再就職をする際は、いくら40代でも新人同様。今までの経験が全く役に立たないとまでは言わずとも、その業種や職種が自分に合うかどうかもわからないというリスクを抱えることになってしまいます。前者の場合はステップアップやスキルアップを目指し、今までの経験や資格を活かせる分、収入も現職より増える可能性が高いですよね。しかし後者の場合は未経験な分、お給料が下がってしまう恐れがあります。

家庭状況が許されるのであれば、まったく違う分野に転職してみるのも良いかもしれません。しかし40代の再就職の場合は、今までの経験やスキルを十二分に活かせる同業種に絞って探したほうが無難であるとは言えます。どうしても今の業種・業界から離れたいという状況でなければ、同業種への再就職のほうが精神的な負担も少なくすむのではないでしょうか。

企業が求める40代

20代・30代と比較すると、その数が少なくなるという40代の再就職。そんな厳しい再就職戦線で採用を勝ち取るためには、あなた自身が企業が求める人材になることが重要です。では、企業が求めている40代とはどのようなものなのでしょうか。

やはり40代ともなると、今までに培ってきた経験やキャリアというものが身についているはずです。採用する側としては、こうしたキャリアから得た知識などを活かして問題を迅速に解決する力や、スムーズな意思決定と行動力を持っている人物を求めています。40代からの再就職は年齢やキャリアからしても、採用後に管理職などに昇進する可能性が高いため、特にしっかりとした決断力や行動力、解決力を持った人が採用される傾向が強いようです。

また当然のことながら、業界での人脈の広さや対人関係を良好に保てる人物も高い評価を受けます。それに加えて企画力や立案力を身につけていれば理想的だと言えます。

しかし最も大切なことは、こうした力を自分が備えているということを、的確にわかりやすく相手に伝えるアピール力です。再就職の際に、最初に先方との接点となるのは履歴書や職務経歴書。まずは先方の目に留まるような書類を作成することが必要不可欠です。そして面接まで進めた場合は、しっかり自己アピールができるように、事前に問答を想定するなどして練習をしておきましょう。

また面接後にはできる限りお礼状を書いて先方に送るようにしましょう。ただ企業の担当者は普通のお礼状は普段からよく目にしているので、もっと目を引くように他に企画書などを添えてみるのも一つの手です。

このように企業が求める40代は、キャリアや経験に裏打ちされた力を持つ即戦力となる人物です。転職活動をおこなう際は、こうした点に留意して自己アピールをおこなうようにしましょう。

円満退職を心がけよう

労働環境が苛酷。待遇が良くない。今よりもさらにステップアップしたい。40代で再就職を考える人たちの理由は人それぞれです。しかしどのような理由であれ、今の会社を辞めるという決心がついたとたん、仕事に身が入らなくなって会社や上司と揉める状況になってしまうのは感心できません。「どうせ辞めてしまうんだから、別に構わないのでは?」と思われたあなた。スムーズな再就職のためには、現職から円満に退社することもとても重要なんですよ。

40代ともなると、再就職の際にはそれまでのキャリアや経験、誠実で頼りになる人柄などが求められるようになります。とくに40代は再就職後に管理職などに昇進する可能性が高い年代であるため、仕事上の能力と同等に人柄を重要視する傾向が強いと言われています。そのため、直前に在籍していた会社での評判を調査し、採用の可否理由に組み入れるという企業もあるほどです。辞める前にトラブルを起こしていると、再就職にまで悪影響を及ぼしかねないのです。

また、今の会社に在籍したままで再就職活動を行なっていることを公にすることも控えましょう。中には再就職されることを快く思わない方もいらっしゃるかもしれません。退職を申し出るのは、再就職が決まってから。また退職予定日の2ヶ月前くらいを目安にし、今の会社にも迷惑をかけないように気を配る必要があります。

今の会社に籍を置いたまま再就職の活動をする際にはこうしたことに留意して、できるだけ円満退職を心がけるようにしたいものです。

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県